硬貨

タイミングを図ろう

住宅ローンを組むのなら、フラット35の金利について調べてみましょう。過去の推移グラフをインターネットで検索してみることをおすすめします。できるだけ低金利の時に契約をした方が断然お得だからです。予測をしてみることも大切です。

お金と模型

利用目的が明確な方は

奈良県内には個人向け融資の商品を取り扱っている金融機関が多数あります。フリーローンは、利用目的を申告して申込みをして、カードローンのように繰り返し借入れすることはできませんが、金利が低く設定されています。

紙幣

事業者向けの便利なローン

事業者ローンは、銀行の窓口融資が受けにくい小規模事業者等に適した金融商品です。原則として無担保・保証人不要で利用できます。審査が比較的簡単なため、急ぎで運転資金などを手に入れたい時に活用すると便利です。

クレジットカード

申込み当日スピード融資

消費者金融カードローンの特徴は審査が速いことです。審査が速い理由は、スコアリングシステムで与信審査を自動化しているため審査結果が出るのが速く、申込みをしたその日のうちに即日でカードローンの利用が可能になるのです。

カード

便利なサービス

電子マネーは支払いも非常に簡単で、スピーディーに利用することが出来ます。さらにポイントを貯めることが出来るので、現金で支払いをするよりもお得感を感じられることでしょう。オートチャージの機能もある電子マネーも利用しやすく便利です。

限度額増額で金利を低く

ATM

信用が上がれば増額

消費者金融のキャッシングは、はじめて契約される方だとほとんどが50万円以下の少額の限度額で金利は18%からスタートします。限度額いっぱいに借り入れををしていると、融資余裕額が無いためこれ以上借りることができませんから他の消費者金融のキャッシングローンを新たに申込みするということもできます。この際ですが、借入金額を増やすために他社で新規に申込みをするのかそれとも現在利用している消費者金融のキャッシング限度額を増額するのがいいのかとなります。この場合ですが、まずは現在利用しているキャッシングの限度額が増額できないか申込みをしてみることです。その理由は、新たに申込みをすると借入先が2社に増えることになります。そうなると返済管理も面倒ですし今後新たに借り入れをすることになった場合に、借入れ件数が2件あることで借入先が多いとみなされて審査で不利になることもあるのです。限度額を増額してほうがいい理由は、100万円以上に限度額が増額できると金利が下がるからです。利息制限法では100万円以上の限度額が15%が上限金利となっています。これが、A社で50万円利用して新規にB社で50万円借りると債務合計は100万円ですが1社の限度額が50万円なので金利は15%以下まで下がらないです。以上の理由から新たに借入先を探すより1社で増額を検討した方が金利が下がる可能性もあるため有利なのです。審査で増額が難しかった場合に他社のキャッシングを検討するのがよいです。