作業者

住宅の床を綺麗に保つためにフロアコーティングの種類を選ぼう

安全面を考慮した家

室内

名古屋では、古くからある住宅などは地震がおきたとき耐えられる耐震性がない家も多くあります。耐震性の高い家にするため住宅の耐震リフォームとをすることができるのです。

この記事を読む

住宅を最適な温度にする

住宅

断熱材とは、住宅の温度を最適に保ってくれるものです。これを住宅に取り付けることで、冬は家の中の温度を暖かく保ち、夏は冷気を逃がさないようになります。断熱材は住宅にとってなくてはならないものなのです。

この記事を読む

工事の流れ

不動産

大阪でマンションリフォームを行うには、まず自分の要望通りに工事を行ってくれる業者を探すことから始めましょう。業者が検索できたら、管理組合に出す申請書などを準備して業者と工事の具体的な内容を決めていきます。

この記事を読む

家の床を綺麗にしよう

床

フロアコーティングとは、住宅のフローリングの美しさや綺麗さを保つために床を新築したときのような状態にコーティングすることをいいます。住宅の床は年数が経ってくるとだんだん輝きを失いいくら掃除しても元のぴかぴかの状態に戻ることは難しいといえます。綺麗にしたいからといって、床をごしごし磨いたり刺激の強い液体などで掃除すると余計傷ついてしまってフローリングの状態が悪くなってしまうのです。そうならないためにもフロアコーティングをすることで、床を傷めることなく保護し、綺麗な状態に保ってくれます。またフロアコーティングをすると床の水拭きも簡単になり、掃除の際も大変楽になってきます。

フロアコーティングには、いくつか種類があります。一つ目はガラスタイプのフロアコーティングです。ガラスタイプのフロアコーティングのメリットは、耐久年数が20年以上ということです。耐久年数が非常に長いため、コーティングの技術が高く強い保護性があります。フロアコーティングの特徴でもある膨張や収縮する働きにも大変対応が良く、クッションフロアにも対応しています。またガラスフロアコーティングは安全性が高く、紫外線の遮断効果が抜群に働きます。そのため紫外線から受けるダメージを防ぐことができ、床の老朽化をより保護してくれるのです。このガラスフロアコーティングは床に光沢を出すか出さないか選ぶこともできますので、部屋の雰囲気に合わせて床の風合いを変えることが可能なのです。二つ目は、UVタイプのフロアコーティングです。このタイプは、紫外線の刺激を防いでくれる働きを持っているので、特殊な塗装の仕方をします。樹脂を混ぜて塗装を行うので、樹脂が紫外線を硬化することができるのです。塗装の乾燥も早く、即入居ができる点も良い点です。時間を取らず性質も大変高度なものがこのタイプです。そのほかには、シリコンタイプとウレタンタイプのフロアコーティングの種類があります。シリコンとウレタンは耐久年数が短いですが、それぞれ水や薬品に強かったり、摩擦に強かったりなどの特徴がみられます。フロアコーティングはこのように種類によって様々な特徴があり、耐久年数なども違います。自分の理想に合ったフロアコーティングの種類を選ぶことが肝心なのです。

Copyright© 2016 住宅の床を綺麗に保つためにフロアコーティングの種類を選ぼうAll Rights Reserved.